サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

ちゃんと人とつきあいたい (本)

タイトルに(本)と書かないと、なんか誤解されそう。
サブタイトル「発達障害や人間関係に悩む人のためのソーシャルスキル・トレーニング」

カウンセリング講座でよく「ソーシャル・スキル・トレーニング」という言葉を耳にしたので、
どんなモノなのか興味が涌いて、中古本屋でタイトルだけ見て購入しました。

大学などで特別支援教育に携わる人たちが執筆者だけど、実際に人づき合いに困ってる当人やその家族や周囲の人に向けて書かれてるような、具体的な説明と分かりやすい内容の本でした。




最初に「発達障害や社会的行動につまづきのある人の課題」として、誤解やケンカ、注意ナドを繰り返して人づき合いを学んでいくんだけど、そういった人では行動の修正や学習が上手く行かない。そして、相手の表情や周囲の状況を適切に読み取ることが難しい。「社会的行動」を知っておくこと、行動に慣れること、過剰な衝動性を抑える方法を学習する事。それらによって、成功体験を積んでいく事がもっと大切。といってます。

カウンセリング講座では発達障害を持つ子供だけでなく、人づき合いが苦手な人にもソーシャル・スキル・トレーニングは有効、といってた。この本読んでみたら、確かにそのとおり。本では幼児期、小学校低学年期、小学校高学年期、中学校期、高等学校・青年・成人期に分けて必要な社会性、トラブル解決法について書いてあります。ほとんど成人期のところだけ熟読したわ~
怒りの交わし方、言葉と態度が異なる場合の相手の意図の汲み取り方、トラブルで愉しみが台無しになった時に、興奮せずに上手にクレームをする方法などが、気持ちの整理の仕方を順番に書いてあって、これがウツ病の夫や私達サポ妻にも役に立ちそうでした。

特にあとがきの20代の人たちが社会に出て、メル友や職場のおばちゃん、家族の連携したあたたかいサポートを受けながら、どうにかこうにか無事に生活を乗り切ってる話はとても素敵だと思いました。

ちゃんと人とつきあいたい
[PR]
by torakog | 2009-02-08 23:45 | others