サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

安心して気持ちを吐き出せる場所が欲しかった

寒いですね~

何年かぶりに落ち着いたお正月でした。
去年は上海に逃避して歩きつかれ、その間に親は大喧嘩してたり。
一昨年は弟がどうなるか分からなくて不安な正月だった
その前の年は・・・たぶん大晦日にダンナと大喧嘩したような気が

実家に帰って親とノンビリご飯食べて、お参りして外食して。
普通のお正月を満喫しました。

でもなんか違和感が残ります。
あまりにも普通でない経験をしすぎたら、普通が分からなくなったような。





カウンセリングに行ってきました。

最近担当カウンセラーさん、ほとんどメモ取らなくなって、表情豊かに話を聞いてくれるようになった。
私の言葉が伝わるようになってきたのかなあ。
私も、弟が他界してから一年半になるけど、だんだん気持ちが変化したのが自分でも分かるし。

なんか、9月末にP*Lの勉強会での出来事が、自分の中で怒りにしかならなくて。
それが納得いかなくて。でも独りで悶々と考えていてもまとまらないので。
思い切って話してみました。

弟が他界して、血縁ドナーとして役に立てなかった罪悪感だけが残って。
辛くて仕方なかった時、声かけてくれて
年上だし経験も長いから、私の気持ちを分かってくれると
私が勝手に期待して。
でも、メールやり取りするにつれて、違和感が膨れ上がってきて。
私の質問にマトモに答えてくれなかったり、変に思うことが増えて。
でも年上だし経験の有る人だから、この人が正しいんだろうなあと思って着いていったら
9月末に私の違和感がハッキリして。この人、私の血縁ドナーの経験を利用してたんだ!
私の経験を勉強会の講師が無断で引用したり
名前も知らない人が私が末梢血を採取した病院を知ってて、
まるで脅迫するように話しかけてきたり。
怖かったし、悲しかった。
でもかえってハッキリした。
これ以上、私が辛い思いをしながらついていくのはやんぴっ!

そう思ったら、もやもやがなくなった
スッキリ
でも、また血縁ドナーとしては独りだ。でも同じ経験者と一緒で傷つけられるよりマシだ。

そう思ったら、カウンセラーに言葉が通じるようになった。
カウンセリングが動き出したら、
私の中にも変化が。誰かに私の問題を解決してほしい、と当てにしなくなった。

そんな事をカウンセリングで話した。
本当は9月末の苦い経験のことはあまり話したくなかった。
だって、人と大喧嘩した話だから。
(あ、今さらもうP*Lの人と和解とかもうどうでも良いんですよ。ほっておいてという感じ。)
でも、この経験がきっかけでなんか学習したと思うし。

とにかく、今作りたいのは掲示板それも
”批判や上から目線なんて当然論外”
”人の辛さや悩みに、「自分もこんな経験をしてます」とコメント厳禁”
”とことんその人の訴えを聞く”
そんな掲示板にしたいと思ってます。

なぜかと言うと、mixiのコミュニティで
誰かや悩みや辛さを相談すると、沢山コメントが来るんだけど
「私もそうです」とか「私は患者で○○の経験をしました」、
「私も患者家族です。こうしてきました」というコメントが多くて。
とても残念だった。

悩みや辛さを話すとき、良い対応はその人の気持ちに「大変だね」とか「辛いね、悲しいね」と返してあげることだと思う。
「同じ立場です」とか「同じ経験しました」というコメントが役に立つのは、気持ちを分かった後
これからどう対応しようという具体的なことを探す場合だとおもう。

それは、弟の闘病中、ドナーになった時や他界後に散々経験してきた。
分かってくれないという悲しさだけ。後味悪いのよね。

と言うわけで、認証制のウツサポやがんサポ、血縁ドナーや遺族のための掲示板作ります!
興味ある方は非表示コメントでご連絡下さい。(メールアドレスを残してください)

[PR]
by torakog | 2010-01-09 03:58 | others