サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

【漫画】光とともに・・・~自閉症児を抱えて~

自閉症児の子育てを真正面から取り上げた漫画です。

はじめて読んだのが、6~7年前で、たぶん夫が休職中か、ウツが今よりももっと酷い状態だった頃で。
自閉症をここまで柔らかいタッチで、これだけ普通に取り上げたレディースコミックがあるなんて!
と驚いた記憶が。
ストーリーの最初、自閉症と診断されて、母親が絶望と孤独感の中手探りで子育てをし、夫婦関係が崩壊寸前から持ち直し(父親が息子の障害を受け入れていく姿が心理学的によかった)、支援者にあい、
普通学校の支援学級で工夫しながら、
(この自閉症の特性に合わせた教材を開発するところが私の好きなところ)
普通学級とも交流し、地域のなかで上手くやっていく方法を母親が覚えていくところが
下手な専門書よりも役に立つと思いながら読んでました。





2004年にはドラマ化されたんだよね~大雑把なストーリで、小学校一年生が終わるところ迄だったけど。
母親役は篠原涼子さんで、父親役がTOKYOの山口達也さんで。達也さんが大好きになったドラマでした。

マンガの方はその後も続き、中学生になって。

そして、今月発売の「フォアミセス」5月号で、作者逝去のため連載終了のお知らせが。
単行本も6月発売の15巻で完結となるそうです。

とても残念です。
この漫画、たかが漫画だけど、日本の社会に与えた影響は大きいと思う。
そして、漫画ができることの可能性、自閉症者がメディアに登場することについてよい影響を投げたと思う。
だって、それ以前って、私が学生の頃って「レインマンの人」って説明だったしね。

今、連載誌「フォアミセス」には、介護やがん闘病、自閉症スペクトラムの子育ての漫画も連載されて。
とても面白く読みました。

WIKIPEDIAの「光とともに~自閉症児を抱えて~」のページ
[PR]
by torakog | 2010-04-03 23:59 | others