サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

サポ生活で性格が歪んだというの?

頭にくることが2件あった。

一つ目は10日前、歯医者にて。
二つ目は心療内科にて。

二つとも、私のことなのに、説明せずに決めるから、失礼だし、そんな事頼んでいない
と抗議しただけだ。



カウンセリングに行った。
二つ目のことが早速話題に。私は予約を変更して欲しかった、それだけなのに、心療内科の受付が
ひたすら要領が悪く、連携も全く上手く行かず、丸一日待たせた挙句にとんちんかんな事をいうので
私がキレて怒った。

一つ目のことを思い出した。治療してもらう度に別の治療者(歯科衛生士と歯医者)が私の奥歯は要治療だ、いや違うと議論して、結論を教えてくれずにレントゲン取ろうとしたんだ。レントゲン代私が払うんだけどねえ~いったい、どうなっているかレントゲンとる前に教えてよ!と言った相手が助手で、説明する代わりに歯医者呼んだんだ。たらいまわし。だからもうあの歯医者には行かないよ~ん

この二つの話をしてて思った。たぶん、ウツサポをはじめてから、私気が短くなってるんだ。
人にたらいまわしにされたり、予約や約束したことを軽く反故にされる、それだけでキレるんだ。

たぶんダンナはこれくらいではキレない代わりに、数日は落ち込むだろう。ウツ病だもんね。

カウンセリングで言わなかったけど、たぶんダンナがウツ病だったり、
弟が癌で私がドナーになったけど
死んでしまった、という事が、わたしの中でものすごく劣等感になっている様子。
だから、すぐに「馬鹿にされた」り「軽んじられる」ことに敏感なんだ。

去年の秋、東京に行って、同じ血縁ドナーの人(例のP*Lの代表)の言葉に頭にきたのもそれだ。
だって彼女はレシピエントが生きていて、私のような劣等感、無能感を持つわけも無いし。
だから、いつだって自分が正しいような発言が出来るんだろう。
それがものすごく頭にくる。上から見下されてるみたいで卑屈な気分になる。
この人とは活動できないと思ったんだ。

カウンセリングの最後にカウンセラーが、「今日の話から、今日の気持ちが今までのお話と繋がってる事が分かりました」と言ってた。なるほど。
ウツサポやがんサポ生活でたぶん物の見方、感じ方が変わってしまった
というか、
性格が歪んでるんだよなあ(ため息)

[PR]
by torakog | 2010-04-29 00:43 | others