サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

住み慣れた地域で最期まで(第7期-7)

宝塚で在宅医療をされている開業医の今井先生が講師。

すごく緊張されていて、口調が早めでかなり早く終わってしまったんだけど。
ご自分の人生から学んだ生と死について、マジメに伝えようと意気込みは感じました。

生きがい療法とかデンマークの介護施設など、がんの再発と森田療法など、
この講座の参加者には新しくて興味のある話が多かったんだけど、その辺りが流された事が残念。
主題になっている在宅医療の話、なぜ今は「施設と自宅との間」なのかの説明がもっと詳しければ良かったなあと思いました。

単発の仕事やらカウンセリング講座が始まって、宿題とか予習とかに終われてて、すごく忙しい上に
排卵周期が乱れてて毎日自宅で排卵検査薬使ってその結果で予定たてたりしているので、すごくバタバタしてるので、今回は短い感想でごめんなさいm(__)m
[PR]
by torakog | 2010-11-17 23:53 | GriefCare