サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

さらば、哀しみの青春(第7期-8)

サブタイトル「夜回り先生からのメッセージ」
と言うように、今回の講師は「夜回り先生」こと、水谷修先生。

たぶん、一年ほど前にもこの公開講座で授業してて。
その時の感想をblogに書いてないようなのだが。
前回と話がダブってるところも沢山あって。
(定時制に行くまで、リストカットの少女、シンナーの少年の話など・・・)

それでも、彼の話が面白いのはなぜだろう。
非行の現場最前線で張り合ってきた人の真実があるからだろうか。
最期まで絶対に見捨てないという根性は(私が言うのもふさわしくないが)
凄いとしか言いようが無くて。

私は子どもいないし、子供の現実はニュースかネットからでしか知らない。
現実の子供たちの状況なんてゼンゼン知らないけど。
本当に携帯とネットとゲームで人間関係は崩壊してるし。
薬物はアメリカ並み、いやそれ以上にはびこっているんだなあと。
現実は厳しい。でも夜回り先生のような大人が居る限り
生きるって大変だけどいいこともある、と思って立ち直る子供たちが増えたらいい
そういう優しさを子供に伝えられる大人になりたいなあと思う。
[PR]
by torakog | 2010-11-23 15:59 | GriefCare