サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

造血幹細胞移植 第九週

一度抗がん剤髄腔内投与があり、未だがん細胞が残っているが、血液データ悪くない(白血球数が多い)ので、「帰れるうちに一度でも帰宅しよう」という主治医の方針で一時帰宅する。



弟は、ほとんどごろごろ・・・というより食事以外は横になって過ごしている。

免疫抑制剤が胃に油のようにたまって、常時胃もたれ状態で、食欲がない。その代わり、炭酸飲料で胃を楽にしてる。その炭酸飲料も、外国産(殺菌されてない)やグレープフルーツ入り(免疫抑制剤の効果を強めてしまうため)やコーラ系の飲料は厳禁であるので、国産のキ*ンレモンや三*矢サイダーやラムネのみまくりである。スーパーに炭酸飲料探しに行ったが、意外と少ない。ほとんど上の2つしか置いてない店ばかりだ。今はメタボ飲料の時代なのかな。そういえば、私も炭酸飲まないしね。食も細いし、練り物にパンに牛乳という、気持ち悪い組み合わせだけど、口から食べるだけ元気、と言う事だ。今はとにかく食べられるものは何でも食べる方針である。 

一応漫画本も読むし、ゲームもしてるし、おしゃべりも出来るし、まあ孤独な準無菌室よりは気分がいいんだろう。

私も自宅=>新幹線1時間=>病院=>1時間半かけて実家=>病院=>新幹線=>帰宅
の毎週ではいい加減疲れてたので、少し楽させてもらう。自宅=>新幹線1時間=>実家=>新幹線=>帰宅は楽だあ~新幹線はえらく混んでいたが、まあ1時間なので音楽聴いてひたすらガマンして寝る。これも弟がなんとか落ち着いてるから寝れるんだよなあ。
[PR]
by torakog | 2008-05-06 10:05 | bone marrow