サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

生きがい、闘病、そしてポケモン(移植第十三週)

弟が緊急入院した。と母親からメールがあった。
あわてて弟にメールすると、すばやく返事があって
「パソコンの件で頼みたい事があります。週末よろしくお願いします」

・・・こんな事は初めてだ。今まで"来てくれてありがとう"とは言われたけど、
"来て欲しい"と言われた事はない。何を頼みたいのか?心臓に悪い002.gif



ステロイド点滴のせいか、彼は元気だった。コミュニケーションはなかなか大変なのだが。

彼の依頼は
「6月15日までにポケモンのミッションを3つクリアしたい。レアなポケモンを手に入れたい。
だから、NINTENDO DSにミッションをダウンロードして欲しい。
家のPCとDSの接続をやろうしてたが、エラー出て止まってるから、それを何とかして欲しい。」

001.gif005.gif025.gifなんだ、ポケモン関係かあ~少し安心

彼がポケモンに夢中になりだしたのは、昨年秋ごろ。再寛解導入目的の化学療法にアナフィラキシーショックを起こして、ある意味、治療に行き詰っていた頃の事。
しきりと「なんか生きがいがあればなあ~」とつぶやいていた。
病院のベッドでも一人で楽しめることがあれば、少しは辛くて先の見えない闘病生活も楽しめるだろう。という意味なんだろう。これまでの彼の人生で、ベッドの上で大人しくする、なんてことはなかったから、退屈だし色々考えすぎて、辛くなるんだろうな。
それで30代のオトナがポケモンというのは、ゲームやったことのない私にはどうなんだろう、と思うが、結構ポケモンは難しくて、やりがいのあるものらしい。一日にある時間だけしか出てこないポケモンとか、いったいいつどないしてGETするのか分からない~と言うものもあり、結構時間つぶしになるようだ。今の彼の状態ならそれで十分だ。

私は深夜までアレコレやっていたが、家のPCとDSを接続して、ミッションをダウンロードする設定は家のネット環境のせいで出来なかった。ので、おもちゃ屋の「DSステーション」に行くことに。
これって、弟曰く「小学生とかがミッション手にいれる方法」なんだそうである。おもちゃ屋で小学生に囲まれてDS触ってる私自身を想像するとかなり恥ずかしい007.gifが、仕方ない。そして、意外にもゲームコーナーには30代男性らしき人が多いので、恥ずかしさはかなり減って、ひらがなだらけのDS画面からミッションをダウンロードする。テクノロジーの進歩はすごいね~今って小学生でも「DSにダウンロード」するって事が分かるんだよねぇ~携帯でメールするのがやっとの母には、弟と私の会話自体がぜんぜん分からなかったのにね。

弟に“ミッションダウンロード完了”とメールしたら、“助かりました、ありがとう”の返事。
そんなに気になっていたんだね~すっかりポケモンは彼の生きがいになってるようだ。
ちなみに、そんな彼の今目標は「秋に新しいポケモンが出るみたいだから、それまで頑張って元気になる」だ。ステロイドの副作用のせいかもしれないけど、そこまで言わせるなんて、
DSとポケモンすごいなあ、と思った週末でした。
[PR]
by torakog | 2008-06-02 12:15 | lymphoma