「ほっ」と。キャンペーン

サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

カテゴリ:bone marrow( 28 )

最近ニュースで話題になっているそうで。

骨髄バンクでも末梢血幹細胞採取実施へ向けて動き出してるそうで。

JMDP(骨髄移植推進財団)HP 2010/09/02日のプレスリリース

末梢血幹細胞移植(PBSCT)の非血縁者間への導入について(PDFファイルが開きます)

要するに、私の理解では、まずは骨髄採取経験者について、HLAの条件をつけて、一部の病院からはじめると言う事らしいです。

まあ、PBSCTには骨髄採取になかった問題点もあることだし、慎重にはじめようと言う事なんだろうねえ。

とにかく、骨髄採取で家族の同意が得られない問題のクリアに向けてPBSCTが何とかなればいいなあ、と願わずに入られない。

追記:Yahoo!ニュースの医療介護CBニュース:適合者が見つかる確率が6割、そのうち4割が移植になるという、いわゆる「アクティブドナー不足」についても、このニュースでは述べてます。
[PR]
by torakog | 2010-09-20 00:29 | bone marrow

【本】HLAの不思議

HLAって不思議。HLAって摩訶不思議。

このblogを読んでくれる人のうち、ウツサポの方は「HLAって何?」って思うでしょうね。
がんサポ、特に血液疾患の方には馴染みのある言葉ですよね。
HLAは骨髄移植をするために、検査するものです。
一致してたら「ドナーになれる」アレですね!
白血球の血液型とかよく言われます。

HLAは、今、それを越えて、
人類を絶滅から守るため、ウイルスから守るための遺伝子の多様性となり
オーダーメイド医療の鍵となり
民族のルーツを探すヒントとなったり
そして、よりよい造血幹細胞移植行うための研究において大きなポイントとなる

ここまでの文脈だと、HLAを解明すれば何でもできる、未来は明るいように思えるけれど、
実際には、問題が山積みである事を同時に提示してるように思います。

例えば、骨髄移植をはじめて行った海外の取り組み。
日本で骨髄バンクを立ち上げようとした勇気ある人たち。
今はGVHD(移植片対宿主反応、おおさっぱに言えば拒否反応)をどうやってコントロールするかが課題。
上手く起こせばGVL効果となって癌を根治できる。
GVHDとなれば体のあちこちに障害がでてくる。
全く無ければ、移植後再発することもある。私と弟のように。
ほんとうは、この本を読んだのは、私の場合の答えがあるのでは、と期待したからだ。
弟は移植後たった一ヶ月で再発し、免疫抑制剤を全て絶っても全く効果がなく、
主治医に「全くGVHDが出なかった」と嘆かれ、「私の幹細胞は定着して、移植は成功したけれど、再発した」
まるで私の幹細胞は何の役にも立たなかったような言われ方をした、あの無念さの答えがあるのでは、
と思ったのに。
このことについては、今は未だ「適度なGVHD」は研究途中のものらしい。

残念。私がのどから手が出るほど欲しい物、
なんで私の幹細胞は弟を治さず、弟を苦しめて、死なせる事になったのか
の答えにはまだまだたどり着かないらしい。

More
[PR]
by torakog | 2010-03-23 21:26 | bone marrow

アクティブドナー

下の記事のコメントがずっと続いてるけど、それはそのまま続いても良いしねえ、>みなみんさん

さて、
私は骨髄バンクへの登録をしていない。
血縁ドナーは骨髄バンクとは全く別のプロセスで検査や提供が行われるから。
そして、弟が超早期再再発して、他界した今、
別の人の役に立っても、私が役に立てずに弟が亡くなったことが帳消しになるわけでもないと思っている。
だけど献血はしてるのよ。だから未だ一年半しかたってないし、これで勘弁してほしいと。

もう一つ登録しなかった理由は、アクティブドナーのことだ。

More
[PR]
by torakog | 2010-01-19 23:36 | bone marrow
ここ2ヶ月の私のblogのアクセス数は、普段の数十倍。
その原因がこの映画のネタバレをネットで検索すると出てくるらしいことは、アクセス解析から気づいてた。

原作本の感想をこの記事に書きました。

で、やっとやっと映画を観ました。もう二番館での上映も終わりかけなんですよね。
11月のTOEIC試験が終わるのを待ってただけで。

感想は、一言でいうと「原作と違いすぎる」ということ。

以下ネタバレと独自目線からの感想
[PR]
by torakog | 2009-12-03 00:06 | bone marrow
映画「わたしの中のあなた」公開のせいか、先週のこのblogのアクセス数がそれまでの10倍になって、
ビビっております・・・
スイマセンね~映画見てないからネタバレないし、感想は原作のものだし。
それも、感動とか涙とか一言もない、
造血幹細胞移植血縁ドナーの立場からの感想で。
この件については、また近いうちに映画見るので。

読売新聞オンライン版の「医療ルネサンス」で「生体ドナー 後遺症不安」記事を読みました。
臓器移植法が騒がれてたケド、海外渡航で移植を求める場合もあるし、
件数が少ないけど、血縁者や家族がドナーになる、造血幹細胞移植のようなケースもあるのか。

そのドナー体験者の会についての記事だった。

More
[PR]
by torakog | 2009-10-19 09:40 | bone marrow
骨髄移植の家族ドナーの少女を主人公にした小説です。
GARDのmamiさんに教えてもらいました。ありがとう!

*** 以下、ネタバレありますので、了解の上お読み下さい! ***

More
[PR]
by torakog | 2009-08-12 01:22 | bone marrow

東京行ってきました。

なんか怒涛のような、
そして夢のような一泊三日でした。

ネットでしか知らなかった人にも、
本やドラマで知った人にも、
そして、もう当分会えないだろうなあと
半ば諦めてた人にも会えた奇跡のような日々でした。
いや~東京って凄いよね、

More
[PR]
by torakog | 2009-04-28 22:25 | bone marrow
週末から東京行きます~
一泊三日というアラフォー世代の体力に挑戦みたいな日程です。
往復夜行高速バスです。大丈夫か私!頑張れ私emoticon-0117-talking.gif

目的は仲間達に会うことと、造血幹細胞移植について勉強する事。

More
[PR]
by torakog | 2009-04-23 22:22 | bone marrow

この記事のその後について。


More
[PR]
by torakog | 2009-02-26 23:10 | bone marrow
私がドナーになってから、今月で一年経つ。
というわけで、血縁造血幹細胞ドナー登録センターから一年後アンケートがやってきた

More
[PR]
by torakog | 2009-02-03 10:59 | bone marrow