「ほっ」と。キャンペーン

サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

薬やら検査やら

予測どおりリセットした。今回はあまり冷えなかったし落ち着いてたと思う。
診察に行ったら、ポリープはなぜか消えていた。というか、超音波では映らなかった。

次のサイクルは排卵をもう少しきちんと予測しよう、と言う方針で。
一週間で3回もクリニックに通う羽目に。
自分でも出来る事はやってみよう、と言うことで。
排卵検査薬を探す。これって調剤薬局の薬剤師に頼まないと出してくれないのよね。
ものすごく恥ずかしかったけど、男性の薬剤師に聞いたら、さわやかな顔して出してくれた。
そのさわやかさが恥ずかしいって!!

More
[PR]
by torakog | 2010-11-23 16:23 | Fertility
サブタイトル「夜回り先生からのメッセージ」
と言うように、今回の講師は「夜回り先生」こと、水谷修先生。

たぶん、一年ほど前にもこの公開講座で授業してて。
その時の感想をblogに書いてないようなのだが。
前回と話がダブってるところも沢山あって。
(定時制に行くまで、リストカットの少女、シンナーの少年の話など・・・)

それでも、彼の話が面白いのはなぜだろう。
非行の現場最前線で張り合ってきた人の真実があるからだろうか。
最期まで絶対に見捨てないという根性は(私が言うのもふさわしくないが)
凄いとしか言いようが無くて。

私は子どもいないし、子供の現実はニュースかネットからでしか知らない。
現実の子供たちの状況なんてゼンゼン知らないけど。
本当に携帯とネットとゲームで人間関係は崩壊してるし。
薬物はアメリカ並み、いやそれ以上にはびこっているんだなあと。
現実は厳しい。でも夜回り先生のような大人が居る限り
生きるって大変だけどいいこともある、と思って立ち直る子供たちが増えたらいい
そういう優しさを子供に伝えられる大人になりたいなあと思う。
[PR]
by torakog | 2010-11-23 15:59 | GriefCare
宝塚で在宅医療をされている開業医の今井先生が講師。

すごく緊張されていて、口調が早めでかなり早く終わってしまったんだけど。
ご自分の人生から学んだ生と死について、マジメに伝えようと意気込みは感じました。

生きがい療法とかデンマークの介護施設など、がんの再発と森田療法など、
この講座の参加者には新しくて興味のある話が多かったんだけど、その辺りが流された事が残念。
主題になっている在宅医療の話、なぜ今は「施設と自宅との間」なのかの説明がもっと詳しければ良かったなあと思いました。

単発の仕事やらカウンセリング講座が始まって、宿題とか予習とかに終われてて、すごく忙しい上に
排卵周期が乱れてて毎日自宅で排卵検査薬使ってその結果で予定たてたりしているので、すごくバタバタしてるので、今回は短い感想でごめんなさいm(__)m
[PR]
by torakog | 2010-11-17 23:53 | GriefCare
松本サリン事件の第一通報者で警察に容疑者扱いされ、マスコミの被害にあった河野義行先生が講師。

私、松本サリン事件は申し訳ないくらい全く記憶に無くて。冤罪だった事、公安委員長が謝罪に訪れた事はものすごく印象に残っているんだけど。

この事件で人生が一変した河野先生は、元々芯の強い、関西風にいえばちょっと「けったい」な感じの、でもとても賢くて行動力のある人でした。

最後の方で言われてた、「自分を信じてくれる友達がいたこと、家族が居た事それだけで警察の犯人扱いに潰される事が無く、乗り切ることができた」、という言葉がとても真実味があって重かったです。

More
[PR]
by torakog | 2010-11-08 23:32 | GriefCare

心の持ちよう

ポリープができたと分って、フテ寝&凹みながらカウンセリングに行った。

なんか、カウンセリングもぐるぐる同じところを回ってばかりで
半分ぐらいでもう辞めたくなるくらいだった。
でも、お金もったいないから席立たずに居たけど。

More
[PR]
by torakog | 2010-11-01 00:30 | Fertility
今回の講義のタイトルなんですが、なんか講義内容とどう関係あるのかよ~分からん。
面白かったんだけど、このタイトルとどう関係あるのかがピンとこない・・・
このブログがタイトルを講義の題からきてるので、そのまま続けておくけど、
内容とか私の感想は関係ないものになってしまう・・・と思います。

世界の風習や葬儀の習慣、そこから見えてくる悲しみについての文化人類的考察
文化人類的思考で他者(たぶん、他の宗教や文化、国のことだとおもう)を考えよう
と言う感じの講義でした。

講師は世界中の国を旅してきた西江雅之先生。
自分でウケながら結構ズバット面白いことをいうフィールドワーカーのような感じの人です。

More
[PR]
by torakog | 2010-11-01 00:19 | GriefCare