サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog
講師は一年位前にもこられた、イラストレーターで絵本作家の永田萌さん。

極彩色の夢のような綺麗な世界観のある絵をかかれる方。

実際のご本人は、というと、「一昨年還暦を迎えまして・・・」と
さわやかに話して、会場を驚愕に追い込む方。
確かに見た目を声はすごく若いです。

そして、講義の内容はといいますと。

More
[PR]
# by torakog | 2011-12-15 12:15 | GriefCare
本当は今週は家に引きこもっていたいところだったんだけど、
この講義も休んだら三週連続休みになっちゃうし、
(第9期-6藤井先生と第9期-7柏木先生は休んだ、今にして思うと休まなくても良かったよなあ)
日野原先生の天真爛漫な明るさをこの心境で聞くのは辛いなあと思ったけど。
でも、辛くても外に出た方がいい、今引きこもると出られなくなりそうと思って
何とか出席しました。

本当に日野原先生はもう第1期から講義されているので、もう自由で、2ヶ月遅れの100歳の誕生日に「ハッピーバースデー」の歌は歌ってもらうは、自己紹介はすっ飛ばされるは、スライドは「はい次」で進ませるは、もうフリーダム状態でした。

More
[PR]
# by torakog | 2011-12-03 00:00 | GriefCare
自分でもなんと書いたら良いのか分からないんですが・・・

土曜の夜に生理並みの大出血、救急で診察してもらったら「胎嚢が見えない、たぶんすでに流産しているか、子宮外妊娠」でそのまま入院。疲れているけれど眠れず。
日曜朝、病院の朝食のあまりにもの貧相さ(ゆで卵と食パン二枚と牛乳にみかんゼリー)にショックを受け、内診で「胎嚢みえないし、子宮外の可能性もない、たぶん化学流産」で薬のんで安静にするしか方法が無いと聞いて、そのまま退院。家でこたつむり状態。

もらった薬の中に『子宮収縮剤』というのがあって、それ飲んだら、土曜の夕方のお腹の違和感が再現。あ、なるほど、子宮収縮して、なんども私に危険を知らせてたんだなあ。私が無視していたんだ。ごめんね。早く受診していたら何とかなったのかなあ。後悔。

月曜朝、前記事の医師に「残念だったね~でも子宮の中は綺麗になってるよ、手術の必要ないね」
と慰めだかなんだか分からないこと言われて。
病院に行く前に最後と思って妊娠検査薬使ったら陽性だったけど、もう何もないのね、聞く必要もないのか。

たった6週間の妊娠生活らしきもの、終わっちゃいました。

ダンナは私のことぜんぜん責めないし、夜中に病院に入院用のもの持って自転車で往復してくれたりと、ホンと申し訳ないくらいで。

ちなみに三ヶ月したらまた"がんばって"いいそうです。
この年になって三ヶ月待つのはイライラだなあ、と思いながら
とにかく今は気持ちの整理をしたい、というところです。
[PR]
# by torakog | 2011-11-28 18:35 | Over40Pregnant

まさかの自然妊娠!?

8月に体外受精がうまくいかず、
私が毎日必死に自転車をこいで通院する姿に何かを感じたダンナが
「僕もがんばってレ*ドラ(*イアグラと同様の薬)飲むよ、もうちょっとがんばろう」
といい、私もサプリと漢方薬を増やして、
病院には通わずに、基礎体温と中国製の排卵検査薬を使って
「ゆる~いタイミング法」を試しておりました。

これでうまく妊娠できるなんて、二人ともまったく期待せず。
というか、周期が一週間ぐらいずれるのが当たり前になったので、
もう本当に期待せずにいたんです。

More
[PR]
# by torakog | 2011-11-22 00:07 | Over40Pregnant

いきる喜び(第9期-4)

講師は江草安彦先生。岡山の障害者施設、旭川荘の名誉理事長。

私は小学から高校卒業まで岡山で育ったので、旭川荘は「巨大な障害者施設」としてしばしばニュースに取り上げられるほど有名で、岡山の人なら知らない人は居ない存在なんだけど、
ここは関西文化どっぷりの尼崎なので、大丈夫かな?というのと、障害者とグリーフケアとはどう関係するんだろう?という懸念を持ちながらの授業になりました。

More
[PR]
# by torakog | 2011-11-16 22:51 | GriefCare
挑戦的なタイトル。

知らなかったけれど、グリーフケアはブームなんだそうだ。
事故や天災や災害が頻発する世の中に対しての「心のケア」が大事だ、よいことだと考える人が多いんだろう。講義では、それが本物なのかどうかも問われているようだけど

私のまわりにはグリーフケアに関心のある人が少ない。私がまだ40代のせいなのか。
今回の講義、関学の坂口幸弘先生もたぶん同年代だ。
(と思って調べたら、もう少しお若い方だった!驚きだ。)
そう、高木先生もモニター室で坂口先生を紹介されてた時に、「お若いでしょ」とうれしそうに仰っていた。それは、関西のオバちゃんたちに若い男子を見て、目の保養をさせるという意味じゃなく、
この公開講座の参加者も講師陣も、私や坂口先生の親の世代だという事だ。

ほんとうのところ、私や坂口先生が関心を持っているように、

グリーフケアに年齢なんて無いのよ!若いほど必要なのよ!と叫びたい。

年齢のことは私の個人的な考えだけど、
これまでのグリーフケアの常識に対して、一歩ひいた立場、研究者の立場から疑問を呈する
そんな、いつもと少し違った講義でした。

More
[PR]
# by torakog | 2011-10-25 14:41 | GriefCare
講師は聖路加国際病院小児科の細谷亮太先生。
以前も講義に来られてた方。

見た目と違ってかなりソフトな話をする人。

講義の最初のほうは日野原重明先生の話とか、生い立ちのような自己紹介。
途中は昨年秋に放送されたNHKクローズアップ現代の「ある少女の選択」を鑑賞。

最後は子どもの重い病の治療、そして死、それを受け止める家族のグリーフについて、沢山の絵本を元にお話されてました。コッチのほうが話の中心だなあと思った。

More
[PR]
# by torakog | 2011-10-16 13:56 | GriefCare
上智大学グリーフケア講座「『悲嘆』について学ぶ」の第9期となりました。

今回は応募開始日にはがきを出したにもかかわらず、「モニター室でよろしいですか?」という
お伺いのハガキが帰ってきて、それに承諾するハガキを出すという、なんともややこしい方法で。
・・・こんなにややこしくなったのって、どうやらここ1年みたいです。以前一回モニター室受講になった時にはこんな事なかったから。ただ、モニター室受講について、スタッフに文句いってる人を見たことがあるし、知り合いで「応募したらモニター室での受講になったのよ、馬鹿にされてるのかなあ。」等といった人がいて。馬鹿にされているどころか丁寧だと思うんだけど。この講座、無料のせいか応募者多いから、同意の葉書を出させるようになったんだろうなあと。無料での公開講座だから、もっとシンプルに行けばいいのにねえ。第一、葉書での応募自体がネット社会で馴染めない私でした。

等と思いながらの受講になりました。モニター室も満席です。

More
[PR]
# by torakog | 2011-10-08 22:57 | GriefCare

現在お休み中

お久しぶりです。

8月に体外受精が上手く行かなくて、そのあと主治医に「2ヶ月休んだら再開して」と言われまして。

積極的な排卵誘発剤を使う治療はお休みして、
のんびりタイミング法で妊娠活動しております。

漢方の桂枝茯苓丸やワイルドヤム、その他のサプリをキチンと飲む
健康診断や歯科検診に行く(異常なしでした)
という、体質改善に心がけてます。

主治医は「2ヶ月」といったけど、今回の体外受精が失敗したのは
前の排卵誘発剤を使った治療から一ヶ月しか休まなかったのも理由だと。
まあ、お金もないし、年内は高度な治療は休もうかと思ってます。

グリーフケア講座が今日から始まるので、また感想をあげますね!
[PR]
# by torakog | 2011-10-07 13:29 | Fertility

失敗から得た事

体外受精は上手く行きませんでした。

判定日(移植から2週間)の前日にリセットしちゃいまして。
その3日前にはうっすら出ていた妊娠検査薬の陽性の線も、
判定日前日には真っ白になったので、出血じゃなくしっかりリセットだなあと。

え~ん(涙)

More
[PR]
# by torakog | 2011-08-24 10:06 | Fertility