サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog
2週間ぶりの参加になりました。(休んだ理由については前記事を)

講師は東京にある短大の学長で女性。24年間、子を亡くした親の会の世話人。

24年前というのは「グリーフケア」という言葉がなかった頃で、遺族会が必要とされているのにもかかわらず、その活動にも偏見による制約が多かったそうだ。名前を出せない、出席をとらないなどは、その中でも遺族会を必要とする人のために、ほそぼそと続けてきたパワーの賜物なんだと思う。

More
[PR]
# by torakog | 2011-06-05 13:14 | GriefCare

猫育てから学ぶ人生

グリーフケア講座第8期-7回はお休みしました。レジュメを貰って読んだら、すごく面白そうだった。講師が島薗先生だったし。出たかったなあ。

その休みの理由が、「庭で仔猫を保護したから」。

約三年前に、お隣の老犬が出勤時間に徘徊してて、その犬を捕まえて家に戻してたら遅刻したことがあったけど。なんか無理に作ったような理由だけど、そのころ(たぶん弟が最後の治療をしていて、私も精神的にかなり辛い頃だったと思う)の私にはその犬を放っておけなかったのよね。

今回は、午後から大雨の予報の中、朝から猫の大きな鳴き声が聞こえていた。姿は確認できず。
雨水をためようと、バケツを庭に置いて外出。
お昼過ぎに帰宅したら、そのバケツに仔猫が嵌って大泣きしてた。手を伸ばしたら、あっさりと捕まった。それをいいことに、家につれて帰って。キャリーに入れて、猫缶をあげたら、ものすごい勢いでがっついた。

両手に載るくらいの大きさの仔猫。耳も目もキレイ。性別不明。ゴロゴロいうから、人に慣れてるみたいだ。母猫とはぐれたのか、それとも心無い人に捨てられたのか。

More
[PR]
# by torakog | 2011-06-05 12:22 | others
河野義行講師は松本サリン事件で奥様が障害を持つことになり、ご本人は犯人扱いされた
ものすごい経験の持ち主。

前の第6期の時にも講師をされていて、ご本人の良いキャラクターもあって、大盛況だった。

その時は「仲間が支えてくれたから犯人扱いを拭う事が出来、困難を乗り越えられた」という内容だったけど。
今回はその話は軽く通りすぎ、奥さんの看病と看取りについてが主になりました。

More
[PR]
# by torakog | 2011-05-25 23:30 | GriefCare

ビタミンTは心の薬

グリーフケア公開講座の8期5回目はお休みしました。

母親と宝塚歌劇観てました。なんで宝塚?って感じですよね。

More
[PR]
# by torakog | 2011-05-19 11:30 | others
間を空けずに書けるうちにドンドン書くぞ~ということで。

実は今回の講義あまり行きたくなかった。
講師の名前の下に(夫をなくした遺族として)とあるので、事前に夫をなくした妻の悲嘆を語られたらキツイな~と思っていて、そのうえリセットして異常に量が多かったのでそちらでも凹んでて。
でも、一日中家に居るのは精神衛生上よくない!と自分に鞭打って、外出しました。

結果としては出席してよかった。

一年以上前に遺族の分かち合いの会に行ってみた。そしたらほとんどの参加者が私より一回りは年上で、ほとんどが配偶者を亡くした人ばかりで。「兄弟姉妹の遺族はほとんど来ないから、好きなグループに勝手に参加して」などとスタッフの方に酷い扱いを受けて。とにかく関西では結構有名な分かち合いの会だったけど、ずっと居心地が悪くて、二度と行きたくないという思いで帰途に着いた。

それ以来「配偶者の死を語る人」が苦手だ。

でもね、今回は行ってよかったと思った。講師が人間としてパワーのある人で、
「夫を亡くした妻」という立場でなく、「私のグリーフワーク」という話をしたからだと思う。

More
[PR]
# by torakog | 2011-05-09 18:11 | GriefCare
と言うわけで、これも2週間前の感想になります。

講師の入江先生は2000年末の世田谷一家殺害事件の遺族。東京っぽいストレートヘアの方です。一見深い悲しみを背負っていると思えないような綺麗な外見。まあ、人を外見で決めつけるな、とか、遺族や被害者が綺麗な外見だといけない、という意味じゃないですから。人前に立つならば色々気も使ってくれた方がいいですしね。ただ関西コテコテの尼崎では、すごく東京っぽい感じの方でした。

事件に気がつかなかったこと、とても仲が良かった親族を犯罪で失った事から、大変な思いをして、立ち上がり、事件の事、ともすれば社会から遠ざけられがちな「被害者の家族」という立場について語ってくれました。絵本に力を貰った話とかがあるので、犯罪の悲惨さから立ち上がるときの気持ちが分かりやすかったのではないのかしら。

More
[PR]
# by torakog | 2011-05-06 15:02 | GriefCare

遠藤周作の場合(第8期-2)

うわ~3週間前の感想を書く羽目になってしまいました。
講義の感想って、直ぐ書かないとどんどん気持ちが薄れちゃうし、億劫になるのは
分かっているのに、全然書くことが出来ませんでした。
このブログだけじゃなく、他のブログも書いてないことからも、何か心のそこに出てこない原因がありそうな気分。

とにかく書くぞ~

More
[PR]
# by torakog | 2011-05-06 14:10 | GriefCare
東日本大震災の後、かなり集中力散漫な日々を送り、
やることなすことやっつけ仕事な日々を送っています・・・
特に睡眠が。寝たりない状態です。
一体私どうしたんでしょうか私。
夕食後コタツで夜中まで寝て、
その後お風呂に入ってから明け方ベッドに潜り込んでるので、夫に呆れられてます。
自分でも呆れてますが。

そして、すっかり忘れてたんですよ。グリーフケア公開講座が始まることを。
当日朝になってふと思い出して、スケジュール組みなおしです
カイロの予定が来週になってしまった(>_<)

以下感想をば。

More
[PR]
# by torakog | 2011-04-09 18:52 | GriefCare

AIHにステップアップ

結局、最後と思って挑戦したタイミングも綺麗に周期どおりにリセットしました。
私のとりえって「周期どおりにリセットできること」しかないのか??

お金もかかるので辛いんですが、ステップアップしてAIH(配偶者間人工授精)に踏み切ることに。

More
[PR]
# by torakog | 2011-04-05 10:10 | Fertility

上の空の三月

ブログ一ヶ月以上更新していませんでしたね・・・スイマセン

グリーフケア講座の7期が終わって、3月はちょっと楽になる、カウンセリング講座だけでいいや、と思っていました。

2月後半はhCG注射のせいか、風邪ひいたせいか、高温期と思えないくらいの高熱が出て毎日とにかくだるくて、でも本当に風邪なのか花粉症なのかそれとも妊娠初期症状なのか分からず。毎日だるい思いで過ごしていました。でも規則正しく、周期も正しくリセットしてしまいました。アレだけ毎日出てた熱がリセットしたらガクンと下がったのに驚きを通り越して感心しちゃいました。

そこまでが二月。

More
[PR]
# by torakog | 2011-03-27 14:23 | others