サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

いのちをつなぐ(第7期-15)

第7期最終回。そして、今回一番話題の講師の登場。

熊本の慈恵病院で「赤ちゃんポスト」と呼ばれる新生児相談窓口、
こうのとりのゆりかご」を運営されている 蓮田太二先生と看護部長の田尻由紀子さん。

三年ほど前、NHKで、確か「ニュースのその後」とかいう名前の番組を夜中に見た。
赤ちゃんポストの最初の一年間のドキュメンタリーだった。
見てびっくりしたのは、多くの相談が日本中からきたことだった。
携帯電話で東京の女性の相談にのっていた光景には本当にびっくりした。

ニュースで「赤ちゃんポスト」を最初に聞いた時は、センセーショナルだったし
日本では根付きにくいし、熊本って一地方で行っても意味無いだろうと思っていた私は
赤ちゃんを産んで育てる事がどれだけ大変な世の中になっているのか、
大変な事になっているんだなあと痛感し、強く印象に残っていた。

育てられない赤ちゃんを引き取るということだけでなく、どれだけ望まない妊娠に苦しむ女性がおおいか、背景に社会の歪みがある事を心がけていかなくちゃ。

More
[PR]
# by torakog | 2011-02-19 22:45 | GriefCare
3週間も飛んでしまった!だれも期待して無いと思う記事ですが、
遅くなったけど書こうっと。


今期の一回目の講師、高木先生の二回目の講義になります。

More
[PR]
# by torakog | 2011-02-19 21:54 | GriefCare
しばらくです。なんか精神的にバタバタしてました。

保険請求ですが、嬉しい事に入院も手術も保険金がしっかりおりました!
その上女性疾病特約の分ももらえてしまいました!
なので、入院代の倍近い保険料もらえて、なんかバブルな気分です(^^♪
なんと、保険請求してからたった3日で振り込まれる仕事の速さにも感激。
ネコとアヒル、仕事するやんかっ!と感心してました。

良かったのはそのことぐらいかも・・・
週明けに、元の病院に戻って超音波したところ、卵胞は見つからず。
主治医に「薬つかおうかあ、人工授精でもいいよ、年齢もあるし」
!!!!そんな年明けて最初に会って即人工授精はステップアップしすぎです~
第一ポリープ取ってきたばっかりなのに。
もう一回タイミング挑戦することにして。
今回は無排卵と言うショックな結果になりました。

ここから数週間が結構辛かったのよね。

More
[PR]
# by torakog | 2011-02-13 23:21 | Fertility
講師は上智大学の栃本先生。

内容的にはいつものグリーフケアとは違って、
超高齢化社会、人口減少社会を生き抜くには
絆や繋がりといった人間関係が大事、という感じでした。

More
[PR]
# by torakog | 2011-01-23 23:51 | GriefCare

術後一週間

ポリープ切除から一週間

禁止事項が多くて
* 湯船に入ること禁止(雑菌が入るのを防ぐため)
* 自転車禁止(振動がよくないのだろう)
当然営み(爆)とかも禁止

出血は生理の初日ぐらいでおりものライナーに少し付く位で。
痛みとか無いので、週明けには歩いてカウンセリング講座に行ったり
ほとんど日常生活送っていました。
まあ、ポリープの病理検査とか気になっていましたが。

More
[PR]
# by torakog | 2011-01-22 22:15 | Fertility
10年ちょっと前、母親の子宮筋腫と卵巣摘出手術に立ち会う羽目になった。
本当は父親が立ち会えばいいんだけど、うちの父は本当に小心者で、
いざという時になるとタバコ吸いに逃げてしまうのよ。

私のポリープ切除、一泊二日入院記となります。
そこかしこに生々しい表現がでてくる話なので、苦手な方はスルーしてね。

More
[PR]
# by torakog | 2011-01-15 21:35 | Fertility

新年早々、一泊二日

紅白見ながらこの記事を書いてます。

今年は大掃除も中途半端で年賀状もクリスマスカードも書かずに新年を迎えます。
というのは、子宮鏡検査を受けてポリープ切除の手術が決まるまでそういう気分にもなれず
27日にITの試験もあって、実質「三日漬け」で勉強して、合格したら
ぼうっとしてしまったせいもあるんです。

弟の病気の事とかなにかあると、却ってお正月とかの行事が大事に思えてくるものだけど、
年明け直ぐに手術入院が迫っていると、それが気に掛かってお正月どころじゃないのかも。

More
[PR]
# by torakog | 2010-12-31 22:25 | Fertility
講師は近大姫路大学学長で前の国際看護師協会会長の南裕子先生。

大学の先生ぽくもあり、前回の講師の方みたいな看護師さんという感じも有るかたです。

ナースとトラウマといえば、私は「ER 緊急救命室」というアメリカの救急を舞台としたドラマが凄く好きで、もう10年以上みているんだけど。そこの看護師たちって、医師もそうだけど、本当に激務で。アメリカだからしょっちゅう誰かが離婚したり結婚したりしてるし、ありえないような事件や事故が普通に起きるし。傷ついて薬に頼るひともいるし、職場を去る人もいる。

こんな病院が本当にあったら心がボロボロになっちゃうよ。ドラマでよかった。

と思っていたけど、阪神大震災や地下鉄サリン事件、JR福知山線脱線事故、多発する事件で
現実はこのドラマに追いついてきたのかも。
だとしたらこの「トラウマを生き抜くナースたち」は現実にいると思えてきた。

More
[PR]
# by torakog | 2010-12-13 18:58 | GriefCare
日曜からものすごく下腹が痛く
月曜から小量の出血が
病院に行っても主治医が「今は様子を見るだけしかないなあ」で
火曜から生理が。

今回は今までで一番上手く言ってたのになあ。
タイミングもピッタリだったし、フーナーテストの結果も良かったし。
ものすごく残念な気分でいた。
火曜は終日カウンセラー養成講座でいろんな人の話を聴いたのが救いになる。

More
[PR]
# by torakog | 2010-12-08 21:02 | Fertility

待つのみの日々

hCGという「着床を促進するためのホルモン注射」されてから一週間
基礎体温の上がり下がりが激しく、一応高温期なんだけど低めだ。

婦人科受診して、もう一回hCGを注射された
そしてポリープがまだ超音波で確認できるという事で大病院への紹介状ももらった。
ということは、今回もリセットする可能性が大、ということか!!!

じゃあ、開き直るもんねと思いながら、
ネットで「子宮内膜ポリープ手術」について調べながら
毎日忙しくすごし
リセット予定日が過ぎ
なぜか高温期が続いている。

hCG注射されてから10日は妊娠判定薬は使えない、
注射されたhCG自体が残って判定に影響するからだ。
10日後は週明け
というわけで、「もしかして」と「どうせリセットしてポリープ摘出」
天国と地獄を行ったり戻ったりしています。

More
[PR]
# by torakog | 2010-12-04 23:12 | Fertility