サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

春の嵐がやってくる?!

ここ数日夫の調子が悪い。
朝の目覚めがすごく悪い。
「仕事が少ないから」と昼で早退して帰ってきたのが昨日。
で、今日は「しんどいから病院行って診断書もらってくる」
とメール。

うわっ、又休職??



彼が不安な時。短文のメールが続けさまにやってくる。
それをまとめてみると
「部署内の他の人と交渉する仕事が怖い」
「もうひとつの仕事(これが中国語を始めるきっかけになってる)は大丈夫」
「とにかく、対人恐怖が出てきてるから病院行って診断書もらって、
それを元に上司に仕事内容変えてもらうように話するから。」

絶対に職場でなんかあったんだ。
彼の病気の引き金になったのは「ユーザーと上司の板ばさみ」
両方に気に入られようと、自分を殺しまくって仕事をがむしゃらに頑張った挙句に発症した。
で、そこから紆余曲折あってそろそろ8年。
結局、調子が良くなっても、仕事頑張るだけで、自分の悪い行動パターンを変えようとしないから、無理が重なり、それがウツ悪化して休職とか午後から出勤とかにつながってきた。

確かに先週辺りから調子悪いのかも、と思ってたけど、単に忙しくて疲れが取れないから、
睡眠を増やせばそのうち治るだろう、と楽観的に考えていた。

去年から飲みだした薬で気分のよさがしっかりしてきた、としてもそれはあくまで薬の力。
なのにダンナはそれで十分として、カウンセリングを頑張ろうとしない。カウンセラーがあわない、良くないとぶつぶつ文句いうだけ。
最終的にウツを引き起こしてるのは自分の認知だと、なぜ分からないんだろう。
最後には自分で何とかしないとうつ病と共存していくことできないんだけど!
その辺ドナイするつもり!!

と文字の上で叫んでおこうっと。

怒りと失望感でイッパイだ。
本当は思いっきり彼を揺さぶって「これからどうするつもり!」
「これ以上私にどんなサポートすればいいっていうの?」と詰問したい気分だが、
ここで彼を叱るのは逆効果だと、私も経験から学習している。
なので、彼と話さない。彼が話しかけてくるまで私からは話しかけない。
同じ部屋にもいたくない。眠っている彼を見るのもムカつく。

毎年春は落ち込むけど、それは3月後半になってから。
でも今年は2月から暖かいみたいだから、春の嵐も早めに来たのかも。
もうちょっと彼をほっといて、一度話し合いしないと。
毎年同じことを繰り返してたら、サポートする方もやってられない気分だ。
[PR]
by torakog | 2009-02-04 22:55 | depression