サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

ペットに癒される?

前に仔猫を庭で保護した話を書きましたが、その後、偶然にも、知り合い全員に「仔猫拾ったんだけど~」と触れて回っていたら、ちょうどもう一匹仔猫が欲しいという知り合いが身近にいまして。
そのご夫妻に引き取られました。FIV擬陽性も理解してくれて、ほんとうにありがたいです。

さてさて、弟が他界してから丸三年が経った。ので実家に帰省した。




それがなぜか今年はお焼香して、お寿司食べただけ。なんか本当に何もしなかった。
これでよかったのかっ!というか、去年「そろそろ樹木葬に納骨する」と言ったけど、
何もしていない・・・う~ん。

この春になってから父は体の調子が悪いらしく、GW前には肺炎で入院したし、今回も体調が悪かった。
一つだけ面白かったことは、父が猫を飼いたい、と言い出したことだ。
どうやら命日の前の日に、これまた実家の庭に、仔猫が住み着いたそうだ。
それが最初から父に懐いて、スリスリスリスリすり寄ってくるので、父はあっという間に気に入ったそうで、ご飯をあげたら、ますます居ついてるらしい。
庭の蓮の葉っぱの下で進み、発泡スチロールの箱にすっぽり収まって。
父が庭に出る毎に、仔猫が飛び出してスリスリスリスリ身体を摺り寄せてきて。

弟が他界して、父はアルコール依存症になって、一時は怒ってばかりで会話にならなかった
退職してからは友達もいないからほとんど人と話さないし。
飼っていた烏骨鶏が昨年からどんどん天国に飛び立っていく今、
寂しい気分を仔猫が紛らわせてくれるんだそうなあ。
猫を撫でていたら気分が落ち着いてくるというアニマルセラピーもあるくらいだもんね。

まあ、ちゃんとワクチン打って、避妊手術して飼ってくれるならいいんじゃないかしら。

しかし、ここ一ヶ月、私も仔猫を保護し、周りの猫好きさんたちも保護してる人多いし、
その上親まで仔猫。なんか偶然にしては続きすぎてるような。何かあるのかなあ。
[PR]
by torakog | 2011-07-05 00:13 | mourning Work