サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

グループ運営は難しいもんだ

ここ1年、あるうつ病患者の家族会に参加してます。
この会で、同じ悩みを持つ友達は出来たし、
独りでうつサポやってきた私には、客観的に見てくれる人の存在は
とても参考になりました。とても感謝してます。
この家族会、この春からセルプヘルプグループに発展する予定らしいんですが。




援助職や医療従事者がまったく入ってこない、家族だけの話しあいの場なので、
「この病院に入院してよくなりました」
と発言する人がいたら、「その病院名を教えてください」で盛り上がるし、
「うつから回復した人がいて、その人がみんなの役に立ちたいと言ってるから、
みんなでその人の話を聞きませんか」
には「呼んでみよう」と盛り上がる。あれ?あれ?違和感が強いわあ。

患者家族会のセルプヘルプグループって、家族の悩みや苦しみを話し合って、うつ病患者をサポートして生活する上での心構えとかを確認しあって、同じ立場のもの同士支えあう事が目的で、医療者もカウンセラーも居ない場所で、病院とか薬について話し合うのは危険じゃないのかなあ。という意味の発言をしたら、入院して良くなった家族の方がキレかかったので、止めたけど。

逆に、最近採取が近づいて、不安とイライラでいっぱいの私の考えがおかしいのかなあ。
でもおかしいと思うときははっきり発言していかないと、単に集まって医療職やカウンセラー気取りで情報を話し合う家族会、変だと思うのは私だけでしょうか?

ウツだけでなく、病気と闘う患者を支える家族の役割は、患者と寄り添い、患者の生活を「暖かい無関心」をもって見守り、患者と医者やカウンセラーの橋渡しをする事、だと、7年もうつサポ生活をやってきて、やっと理解できたし、やっと実行できそうに思ってる。

だからこそ、家族会には病院や薬についての情報交換をすれども、病院名や薬についての評価や判断をする場所ではないと思っている。早く直って欲しい、他の方にも早く直って欲しい気持ちは分かるが、医者やカウンセラーのまねをする場所ではないのよね。そして、あせる人が多いほど、誰かが止めなければいけないと思っている。まあ、ちょっと私もキツイ言い方したけどね。

これからは、造血幹細胞採取と移植にかかりっきりになると思います。
弟も来週頭には、移植のために入院します。
私もしばらくうつサポ休みたいけど、こればっかりはね~今年に入って半日出勤や週の最初の日は出勤して直ぐに早退、を繰り替えし、過眠で、パキシルを増量したら、副作用で残尿感とか行ってる彼を見てたら、休めないや。ああ、私がもう一人欲しいです(悩)
[PR]
by torakog | 2008-02-17 15:11 | depression