サポート生活でどたばたな毎日!


by torakog

お互い様じゃないのかなあ

久々にうつサポについて。

10月にお遍路した後、夫は体調を崩し、しばらく気分悪そうだった。新しいグループでの仕事に慣れたりする疲れもあったんだろう。 朝はゾンビのように出勤し、夜は10時には就寝。それでも寝たりない様子。とりあえず出勤できてるからいいだろう、という考えもあるかもしれない。けれど、もう3年半この調子だと、サポートしてる私にも少し焦りが出てくる。こういうときは近寄らないに限る。第一、超夜型人間の私には10時就寝できな~いのである(苦笑) 
というわけで、「一軒家内別居」生活、朝食と夕食は一緒。状態。



彼は運動が嫌いだ。もともと文科系だったところに、ウツ発症してから引きこもるか、たまに自転車で遠出するぐらい。定期的な運動は拒否である。そのうえ「薬の副作用による甘いもの好き」があって、メタボオヤジ路線まっしぐらである。
その上、ポニョ・・・でなく、ぷにょ。
むくみやすい男である。まあ、これだけ運動しないんだからなあ。

そういうわけで、最近毎晩彼の頼みで足裏マッサージをさせられてる。
f0149648_2041646.jpg
写真はマッサージに使うボディーバター。
チョコレートの甘い香りをさせるアラフォーオヤジである(爆笑)
これで、すごくむくみやすい手足だということに気がついた。
たしかに、マッサージの後は水がジョージョー良く出るらしい008.gif
(尾籠でスミマセン)
以前、彼と同じカウンセラーのカウンセリングを受けてた時、
「夜の生活の復活のためにも、寝る前に触れ合うというのはよい事ですよ~」
と書くのも恥ずかしいアドバイス受けてたから、このマッサージは意味があると思いたいのだが。
彼の感想「上手だなあ。マッサージ習いに行ったら?」
どうやら私の問題と、彼のそれの方向がズレてるんだよなあ。008.gif
だから、当然お返しはなし。そのまま就寝だ。
最近とみに、私は彼の甘えていいお母さんみたいで嫌だあ、と思う。夫婦の関係はお互い様じゃないのかなあ、これだけ回復しててもまだそこが残ってるんだよなあ。
[PR]
by torakog | 2008-12-01 21:08 | depression